ストレートネックの原因

この「ストレートネック」ですが、どのような原因で起こってしまうのでしょうか。実はストレートネックは、「スマホ首」、「スマホネック」なんて呼ばれ方をすることもあるそうです。何となく想像がついたかもしれませんが、ストレートネックが急増した理由のひとつとして「平成生まれの人が社会に出たから」と言われています。基本的に頭が俯きがちだったり、体が薄かったり、骨盤の角度が悪いのが原因と言われています。

日常生活で意識をすることはまずないと思いますが、人間の頭の重さは、体重の10%相当に当たります。体重が50キロある人ならば5キロ、60キロある人ならば6キロです。これだけの重さを、頸椎が支えているのです。支えるだけでも負担は掛かりますが、さらに悪い姿勢を続けていればより負荷がかかってしまいます。特に、パソコン・スマホなどを見るたびに首を前に突き出すような姿勢をとっていると、負担は大きくなってしまいます。これが「スマホ首」「スマホネック」と呼ばれている理由です。重い頭を支えるために、後ろの筋肉が頭を支えます。この支える時に首や肩の神経を痛めてしまうことも多いのです。重心線に頭が乗っていない状態、とも言えます。

想像してみて欲しいのですが、スマホを使ったりデスクワークをするために頭を下に向けたとします。この時、5キロ程度の負担が首にかかってしまいます。更に、重心を考えてみてください。ぐっと俯くように頭を出している時、人間は「5倍近くの体感重量」が変わると言われています。電車やバスの中で、首を思い切り曲げて項垂れ、スマホを触っている人を見たことがあると思います。よく見る光景かもしれませんが、5キロの頭が25キロほどの体感重量になっているのです。